EDと早漏になる理由を解説します

早漏とEDの改善方法

ED(勃起不全)とPE(早漏症)が合併することが多く認められていて、3割以上もの患者が両方を持っています。
ふたつの病気・症状は、どのような原因で引き起こっているのか説明します。

EDは勃起不全と呼ばれる、男性特有の性機能に起こる障害の1つです。
「勃たない」「中折れしてしまう」という、性的興奮・刺激があるにもかかわらず脳神経の働が偏ることや男性器の血行不良が原因で起こります 。
日本人男性の1/4が発症していると言われるほど、実はポピュラーな病気。
歳をとればEDになるものと考えられがちですが、20~30代の比較的若い世代にも発症する人はいます。

【原因】
精神的→会社や恋人とのトラブルでストレスになり、男性機能が低下する
身体的→糖尿病・心臓病など生活習慣における乱れから引き起こる可能性がある
薬を服薬している方で、副作用にEDの症状がでる場合があります。
ED治療薬を使用して改善していけるので、心配する必要はありませんが、治るからと先延ばしにしてしまうのは危険です。

次に、早漏症とはなんでしょうか。実は早漏に明確な定義はなく、さまざまな表現で言われています。
「自分が満足する前にイク」「挿入してから30秒も射精を我慢できない」といった、症状です。
パートナーに快楽をしっかり与えられない罪悪感から、早漏になる可能性もあります。
これらがトラウマになり、絶対的早漏と呼ばれる重症化した状態がうまれることも。
【改善する方法】
・コンドームを重ねる
・性行中に違うことを考える
・スプレーや塗り薬を使用
・早漏改善薬を服用する
色々な方法がありますが、1番即効性があるのが「早漏改善薬を服用する」です。
服用を続けていくことで段々と射精時間を伸ばしていけるので、効果が目に見えて分かりやすいです。