カマグラとカマグラゴールドはどう違う?

カマグラシリーズを紹介
カマグラゴールドには、カマグラという呼び方があります。
呼び方は違いますが、すべて同じモノ。
カマグラ100という呼び名も存在しますが、なぜ呼び方が違うのでしょうか。

【カマグラ】
インド国内で販売
【カマグラゴールド】
日本やインド国外に向けて販売
販売している国によって呼び方が変わっているので、流通している場所が違うだけなのです。
カマグラ100は、有効成分であるシルデナフィルが100mg含まれているという意味です。
カマグラには50mgもあるため、カマグラ50とも呼びます。
今では全世界で人気のED治療薬なので、どの愛称も使われています。

カマグラにはさまざまな種類があり、シーンによって使いわけることが可能です。
・スーパーカマグラ
早漏防止効果とED治療のふたつが同時にできる薬です。
併発しやすい早漏とEDで悩んでいる男性に高い人気を誇っています。
・カマグラ発砲錠
水に溶かして飲めるので、錠剤を飲み込むのが苦手でも簡単に服用できます。
・カマグラゼリー
シルデナフィルが100mg含まれていて、ゼリータイプなので吸って服用できます。
フルーツフレーバーで美味しくED治療が可能。
・カマグラPOLO
水なしで噛み砕いて服用できるトローチ型のカマグラシリーズ。
お薬は苦いイメージが強いですが、パイナップルとストロベリー味があるので、苦味なく飲めます。

カマグラは、カマグラゴールド以外にも沢山の名称で種類がたくさんあります。
すべて100mgという用量が含まれているので、ピルカッターやハサミなどで25~50mgまでカットして使用してみてください。
カットできないタイプは、飲む量を調節して服用しましょう。
カマグラの効果に満足していても、飲み方で苦戦してはED治療も負担になります。
自分に合ったカマグラを選び服用するようにしてください。